京都府公立学校法人 京都府立医科大学 総合医療・医学教育学教室

京都府立医科大学 総合医療・医学教育学

  • 日本語
  • English
〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
Home > スタッフ > 滋賀 健介
滋賀 健介

プロフィール

滋賀 健介
1991年(平成3年)3月 京都府立医科大学医学部卒業
1991年(平成3年)5月 京都第二赤十字病院 内科研修医
1993年(平成5年)5月 京都府立医科大学附属病院 神経内科 修練医
1999年(平成11年)3月 京都府立医科大学大学院修了
1999年(平成11年)4月 公立山城病院神経内科 医員
2001年(平成13年)4月 京都府立医科大学神経内科 助手
2005年(平成17年)4月 ベイラー医科大学分子人類遺伝学部門 博士研究員
2007年(平成19年)4月 京都府立医科大学神経内科 助手
2012年(平成23年)4月 同 講師
2013年(平成24年)1月 京都府立医科大学総合医療・医学教育学 講師
2014年(平成25年)1月 同 准教授

資格

総合内科専門医 日本神経学会専門医・指導医 日本臨床神経生理学会認定医 日本脳卒中学会専門医 (一財)生涯学習開発財団 認定コーチ、認定メディカルコーチ 頭痛学会専門医 日本末梢神経学会代議員 日本神経学会代議員

コメント

これまで神経内科専門医として,主として神経・筋疾患について診療・研究・教育に携わってきました。平成24年度から総合医療・医学教育学教員として、これに加えて、総合診療や医学教育にも関わらせていただいています。スペシャリストの深みとジェネラリストの柔軟性を共に大切にしたいと考え、今後も診療や教育に携わっていきたいと考えています。また、卒後臨床研修センター専任指導医として、附属病院の初期研修にも関わっております。柔らかな発想を持つ若手医師の先生や、さまざまの専門科指導医の先生方とつながりがある現在の環境に、たいへん感謝しております。

現在の研究分野

「神経・筋疾患(筋病理)」 「研修医のプロフェッショナリズム・コミュニケーション能力向上に対するコーチングの効果」

論文

  1. A muscle ultrasound score in the diagnosis of amyotrophic lateral sclerosis. Tsuji Y, Noto Y, Shiga K, Teramukai S, Nakagawa M, Mizuno Toshiki. Clin Neurophysiol 2017 Mar 1. pii: S1388-2457(17)30070-6. doi: 10.1016/j.clinph.2017.02.015.
  2. Does hand dominance affect peripheral nerve excitability ? Tsuji Y, Noto Y, Shiga K, et al. Clin Neurophysiol 2016, 127:1921-22.
  3. Nerve ultrasound depicts peripheral nerve enlargement in patients with genetically distinct Charcot-Marie-Tooth disease. Noto Y, Shiga K, Tsuji Y, Mizuta I, Higuchi Y, Hashiguchi A, Takashima H, Nakagawa M, Mizuno T. J Neurol Neurosurg Psychiatry. 2015 Apr;86(4):378-84.
  4. Parasympathetic Dominant Autonomic Dysfunction in Charcot-Marie-Tooth Disease Type 2J with the MPZ Thr124Met Mutation. Tokuda N, Noto Y, Kitani-Morii F, Hamano A, Kasai T, Shiga K, Mizuta I, Niwa F, Nakagawa M, Mizuno T. Intern Med. 2015;54(15):1919-22.
  5. [Normokalemic periodic paralysis lasting for two weeks: a severe form of sodium channelopathy with M1592V mutation].Shiga K, Mizuta I, Noto Y, Nakagawa M, Sasaki R, Yamawaki M. Rinsho Shinkeigaku. 2014;54(5):434-9.
  6. Mendelian, nonmendelian, and multigenic inheritance and complex trait. Shiga K, Inoue K, Lupski JR. p.14- 34. In The Molecular and Genetic Basis of Neurologic and Psychiatric Disease. 4th Ed. Lippincott Williams & Wilkins. Philadelphia, 2007.
  7. Contrasting echogenicity in FDP-FCU: A diagnostic ultrasound pattern in sporadic inclusion body myositis. Noto Y, Shiga K, Tsuji Y, Kondo M, Tokuda T, Mizuno T, Nakagawa M. Muscle Nerve 2013. doi:10 1002/mus.24056 [Epub]
  8. A novel EGR2 mutation within a family with a mild demyelinating form of Charcot-Marie-Tooth disease. Shiga K, Noto Y., Mizuta I., Hashiguchi A., Takashima H., Nakagawa M. J Peripheral Nerv Syst 17;206-209, 2012.
  9. Demyelinating features in sensory nerve conduction in Fisher syndrome. Shiga K Tsuji Y, Fujii C, Noto Y, Nakagawa M., Intern Med 51:2307-2312, 2012.
  10. Amyloid myopathy: a therapeutic trial for the rare and underdiagnosed myopathy with bortezomib. Shiga K, Mizutani R, Isayama R, Shimazaki C, Tokuda T, Nakagawa M. J Neurol 257:2091-2093, 2010.
  11. Mutation of FIG4 causes neurodegeneration in the pale tremor mouse and patients with CMT4J. ,Chow CY, Zhang Y, Dowling JJ, Jin N, Adamska M, Shiga K, Szigeti K, Shy ME, Li J, Zhang X, Lupski JR, Weisman LS, Meisler MH., Nature 448:68-72,2007.
  12. Autosomal dominant leukodystrophy with axonal spheroids and pigmented glia: clinical and neuropathological characteristics., Itoh K, Shiga K, Shimizu K, Muranishi M, Nakagawa M, Fushiki S. Acta Neuropathologica 111:39-45,2006.
  • 専門医研修プログラム
  • 研修医イブニングセミナー
  • 卒後臨床研修センター
↑