京都府公立学校法人 京都府立医科大学 総合医療・医学教育学教室

京都府立医科大学 総合医療・医学教育学

  • 日本語
  • English
〒602-8566 京都市上京区河原町通広小路上る梶井町465
Home > 教育
教育
卒前卒後の一貫した医学教育システムの充実・強化を目的として、総合診療、臨床実習等の学生教育・卒後臨床研修を担当し、初期研修の内科6箇月間も含めてプライマリケアの観点からカリキュラムを組み立て、地域医療に関する理解を深め、地域に貢献する医師を養成しています。

卒前臨床教育

早期体験プログラム 1回生対象。医療現場の見学を行う。
クリニカルクラークシップ CBT・OSCEに合格した5回生以上の医学部生に対し、大学付属病院内でのクリニカルクラークシップを導入します。ここでは医学生は医療チームの一員として各診療科における医療行為・病院業務に携わり、臨床能力を身に付けます。
スキルスラボ 各種の生体シミュレーターを用いて、最新の臨床実習を行うことができます。本学のスキルラボルームでは、医療で必要となる基本的な技術から実践的な技術、知識を身につけます。
プライマリ・ケア 総合医・総合的な臨床能力を備えた医師の育成のため、プライマリ・ケアに関する指導に力を入れています。プライマリ・ケアは患者様が初めに触れる医療行為。プライマリ・ケアの能力はすべての臨床医に要求される能力であり、クオリティの高い医師としての確固たる基盤を築きます。
地域医療 地域医療の現状を把握し、今後の地域医療の向上・発展へ向けた取り組みを行っています。将来地域医療で活躍できる人材の育成を行っています。

卒後教育

卒後臨床研修(初期臨床研修) 京都府立医科大学大学院附属病院卒後臨床研修センターとの連携により、卒後臨床研修指導を行っています。
研修医セミナー開催 京都府立医科大学大学院附属病院卒後臨床研修センターとの連携により、研修医・医学性等の医療従事者を対象に、定例(月一回)イブニングセミナーを開催しています。
  • 専門医研修プログラム
  • 研修医イブニングセミナー
  • 卒後臨床研修センター
↑